ギタリジャダラが解説するニキビケア

ニキビケアを始める前に

間違ったニキビケアの実践

思春期になり、ニキビが気になり始める人もいます。

学生
ニキビができる原因は、オイリー肌だからだと思ってる人も多いです。そのために、洗顔を何回もしたり、皮脂を洗い流そうと考える人もいます。
しかし、洗い過ぎは肌を乾燥させて、肌が皮脂をどんどん出すようにするのです。

また、角質も硬くなり、毛穴を詰まらせる原因にもなるのです。良いと思って実行していたニキビケアが、間違っていることで、逆にニキビを増やすことになってしまっているのです。そして、洗顔の後は、肌がべたべたするので化粧水など何もつけないという方もいます。乾燥させた方が、ニキビができにくいと考えている人もいます。それも間違いで、保湿はきちんとしないといけないのです。

水分が不足すると皮脂分泌が過剰になるのです。水分と油分とは違うのです。保湿は水分なのです。間違ったニキビケアを実践することで、かえってニキビをできやすい環境にしてることがあります。そのためには、きちんとしたケアの方法を知ることから始めた方がいいです。

ニキビケアには根気が重要

ニキビができてしまった場合はじっくりと治す事が大切です。

どうにかしようと潰したりしてしまうと却って状態が悪くなりますし、時にはクレーター状になり跡になる可能性もあります。クレーターになると綺麗に治す事が大変になりますので、ニキビ治療にはじっくりと取り組むようにしましょう。ニキビケアにはいくつか大切なポイントがあります。

まず大切なのがきちんと洗顔を行う事です。

皮脂や汗、古い角質などの汚れが毛穴を塞いでしまうとニキビが悪化してしまいますので、しっかりと洗顔を行いそれらの汚れを取り除く事が大切です。
しかし、過剰な洗顔はやらないようにしましょう。1日に何度も洗顔を行ってしまうとお肌に必要な皮脂まで奪う事になってしまいます。

お肌には適度な水分が必要ですので、洗い過ぎには注意するようにしましょう。洗った後のケアも重要です。そのまま放置してしまうと乾燥が進んでしまいますので、洗顔の後には保湿を行うようにしましょう。

最新投稿