ニキビに効果の高い成分とは

化粧品

ニキビケアにお勧めの化粧品成分

ニキビを改善するには、毎日のスキンケアが大切です。きちんと適切なケアをする事で、今できているニキビを早く治せますし、ニキビができにくい肌質へ変化させる事もできるでしょう。

しかし間違ったスキンケアを行うと、よりニキビが悪化してしまい、そこから色素沈着や、クレーターなどのニキビ跡を引き起こしてしまう場合もあります。ですので、ただスキンケアするのではなく、ニキビ改善に効果的な化粧品でケアする事がとても大切です。

お勧め成分”イオウ”

ニキビ改善に効果的と言われている成分に、イオウが挙げられます。イオウは炎症を静める抗炎症作用や、硬くなった角質を柔らかくする作用があると言われています。肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が肌の表面に残り、皮脂などと合わさり毛穴を塞いでしまうのです。

イオウが含まれている化粧品が、この古い角質を取り除くピーリングのような作用があるので、毛穴の詰まりでできたニキビの改善に効果が期待できます。洗顔料やニキビ患部用の、ジェル状化粧品に、イオウは多く含まれているので、毛穴が詰まりやすいという方は、探してみてはいかがでしょう。

お勧め成分”ビタミンC誘導体”

イオウの他に、ニキビの改善に効果的と言われているのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は抗酸化作用に大変優れており、美容皮膚科でもニキビ治療や、イオン導入といった美容医療で使われている成分でもあります。ビタミンC誘導体が配合されている化粧品でニキビケアする事で、今できているニキビに効果があるだけでなく、皮脂と水分のバランスを整えニキビができにくい肌にしてくれます。

またメラニン色素の生成を抑える作用もあるので、色素沈着タイプのニキビ跡の予防と改善にも、ビタミンC誘導体は有効です。きちんとスキンケアしているのに、なかなかニキビが治らないという方は、このような成分が配合されている化粧品で、ニキビケアしてみる事をお勧めします。