ニキビの予防方法

ニキビの予防にはコツがある。

まずは正しい洗顔と保湿が必要とされる。汚い手で洗ってはならない。化粧をしているときはきちんとクレンジングをしてから洗顔をしなければ、汚れが沈着してニキビにつながる。
そしてもちろん洗顔料でしっかりと洗うことだ。水洗いでは毛穴に詰まった皮脂やほこりが取れない。洗顔料をしっかり泡立てて洗顔をするのがコツだ。

そして洗顔後は水気を取ることと、保湿を行うことも大切だ。そして、他にも気をつけなければいけないことがある。

大切なのは睡眠や食事

肌をしっかりと休ませなければならないので22時〜26時には必ず就寝するようにするべきだ。もちろん夜更かしは避けるようにしなければならない。食事は、栄養のバランスがいいものを選ばなければならない。特にビタミンB群を中心にとるとよい。

ニキビ跡には、ビタミンCとビタミンE

もしニキビ跡を消したいのであれば、ビタミンCとビタミンEを一緒にとるのがよい。

ビタミンCには抗酸化作用といって、酸化が原因で老化や生活習慣病、ガンなどになってしまうことを防ぐ作用があり、ニキビ跡をきれいにする作用もある。ビタミンEは血行をよくしたり、傷を早く治す作用がある。よってこの二つを一緒に摂取することで効果が倍増される。

ビタミンCを多く含む食材はパパイヤやブロッコリー、オレンジなどで、ビタミンEを多く含む食材はアーモンドやかぼちゃ、ホウレン草などだ。

ホウレンソウ

最後にストレス解消も欠かせない。

ニキビはストレスが原因でできることも多々ある。肌は4週間単位で生まれ変わると言われている。1日15分程度を目途に自分の好きなことをしてストレスを解消するとよい。以上を気をつけて正しいスキンケアをすれば健康的な肌を維持できる。